高品質・鮮度保持への取り組み


 三重県南部のさんま漁船で唯一、
殺菌海水装置・冷海水装置を
導入し、品質と鮮度を
維持しています。

 

 

遊木町のさんま漁の歴史は古く、
昔は網に刺さったさんまを一本一本手で抜く
「刺し網」という漁法でしたが、
現在は仕事の効率を考え 「棒受け網漁」という
漁法で漁獲しています。

 

 そこで「質より量」か、「量より質」か、
各船の考えで品質が変わってくるのです。

 

 

夜明け前に漁獲したさんまが
朝漁れさんま」です。

 

長栄丸では「殺菌海水装置」・「冷海水機
を導入し、 品質・衛生管理を徹底。

 

皆様に安心して召し上がっていただけるよう

努めております。

 

 

 ヒスタミン中毒にご注意!

virus01-001[1]よく「青魚にあたる」と言います。

 

サバ、アジ、イワシ、サンマなどの青魚には、
アミノ酸の「ヒスチジン」が多く
含まれており、モルガン菌という細菌の
仕業でヒスタミンに
変えられてしまうために起こります。

 

 症状は顔面紅潮、頭痛、吐き気など

 

 魚の保管状態が良いと細菌が動かないので、
そういうことはありませんが、
保管状態が良くないものや、冷蔵庫でしばらく
置いてしまったものは
腐っていなくてもヒスタミンが多く
含まれている恐れがあります。

 

btntbn01-back001 PAGE TOP btntbn01-next001

ご注文はこちらお問い合わせはこちらから

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る