陰干しにこだわる理由


乾燥機等を一切使用しない
自然の風干し製法です。

 

高鮮度・高品質で持ち帰ったさんま
手づくり加工したあと一本ずつ紐で縛り、
陰干しで2~3日様子をみます。

 

長栄丸の丸干しのおいしさの秘訣は

「陰干(かげぼ)し」にあります。

 

 

IMG_0605a

 

味の落ちる一番の原因は「酸化」

 

日のあたる場所に干すことで
魚体が弓なりに反り、さんまが
酸化してしまいます。
また味が抜けている丸干しも、酸化が
進んでいる証拠です。

 

酸化をすると、
舌を「ピリピリ」とさすような味になり
体調が悪い時などは
ヒスタミン中毒になる恐れがあります。
全てではありませんが
「脂肪分の多いサンマ」「暖かめの気温」に、かなり影響されます。

btntbn01-back001 PAGE TOP btntbn01-next001

ご注文はこちらお問い合わせはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る