「朝漁れさんま」の意味


何と言っても夜明け前のさんまが一番です。

 

長栄丸は夜明け前に獲れたさんま
「朝漁(あさど)れさんま」と名付けました。

 

漁獲時間と味にこだわりを持ち「朝漁れさんま」のみ、丸干しに使用します。

     

漁獲される時間によって、さんまの状態と味に、次のような違いがでます。

 夜中に獲れたさんま夜明け前に獲れたさんま
漁獲される時間夜中 (2時前後)夜明け前 (4時前後)
胃袋の状態胃袋にはプランクトンが、たくさん残っています。胃袋は空っぽに近い状態です。
お腹を押すとお腹を押すと、茶色いドロっとした物がたくさん出てきます。お腹を押しても何も出ません。
焼いてみるとお腹にプランクトンが残っているさんまを焼くと腹が割れ、中もグチャグチャで傷みの原因となります。胃袋に何も残っていないため、焼いても白子や卵の内臓まできれいに残り、全ておいしく食べられます。

 

btntbn01-back001 PAGE TOP btntbn01-next001

ご注文はこちらお問い合わせはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る