熊野市遊木町


 一番多い時期には、一日100トンものさんまが漁獲されます。

 

yuki-cho

北西の風が次第に強くなり、
ヒヨドリが群れをなして海面スレスレを飛ぶ。

この光景がさんま漁の季節が始まる兆し。 寒くなるにつれ、最盛期を迎えます。

 


大きな地図で見る

 

三重県熊野市遊木(ゆき)町

三重県の南部に位置する小さな漁師町です。
この地域で三重県のさんま漁獲量の4~5割を水揚げしています。

 

さんま漁の歴史は古く、300年前熊野灘で
始まったと言われています。
遊木町においても
古くからさんま漁が盛んで、
30年程前には26隻。
現在は9隻のさんま漁船が出漁しています。
漁獲されたさんまは、
丸干しやさんま寿司に加工されます。

  

最近では都会に住む方々に、漁業や海の良さを知ってもらおうと、
ブルーツーリズム「遊木海と自然のクラブ」を発足。
夏には体験漁業を楽しもうと、多くの方がこの町を訪れます。

 

 

btntbn01-back001 PAGE TOP btntbn01-next001

   

ご注文はこちら

お問い合わせはこちらから

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る