さんま棒受け網漁


さんま棒受け網漁の様子をご覧いただけます。

さんま棒受け網漁の様子をご覧いただけます。

 

棒受け網(ぼううけあみ)漁

 

夜、光に集まるさんまの習性を利用。
集魚灯を使い、網に誘い込む漁法です。

 

 

syussen

さんま棒受網漁は、
日没から夜明けにかけて操業します。

光に集まったさんまの大群は、
同一方向に旋回。
網へ導いたさんまを一網打尽にします。

 

 

 

サーチライト

真っ暗な海面をサーチライトで照らしながら、
さんまの群れを探します。

sarchligte

ライトに反応したさんまは、
白波が立つように飛び上り、
真っ暗闇の海面が、銀幕のようになります。

 

 

 

左舷(さげん)集魚灯 (魚を集める灯り)

群れを見つけたら、右舷・左舷両方の
集魚灯をつけ、魚群探知機の反応を見ながら、
さんまが集まるのを待ちます。

sagen-syuugyo

反応が悪い場合は、魚影が濃い群れを
探しながら移動します。

 

 

 

右舷(うげん)集魚灯・網

さんまが集まれば、網の準備。
 左舷集魚灯のみを点け、
 右舷側に網を放り込みます。

ugen-ami

集魚灯の下を、さんまの群れが旋回します。
群れが大きい時は、密度が高くなってきます。

 

 

 

右舷(うげん)集魚灯 (魚を誘導する灯り)

網の準備を終えたあと、左舷集魚灯を
消しながら、右舷集魚灯を点け、
さんまを網に誘導。
 赤く光る集魚灯で、
さんまを一ヶ所に集めます。

ugen-syuugyo

左舷側で旋回していたさんまが、
船をくぐり右舷側の網に入ってきます。

 

漁獲する時間帯で味に違いのでる丸干し。
おいしさの秘密は
手づくり・陰干し製法にあります。

 

btntbn01-back001 PAGE TOP btntbn01-next001

 

ご注文はこちら

お問い合わせはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る